新卒だから夜勤が辛い⁉~その理由と解決策~

一般人
新卒で夜勤を始めたんですが・・・辛いんです・・・。どうしたらいいんですか?

夜勤は新卒もベテランも辛いもの・・・

しかし新卒で夜勤をすることになると、初めてのことで不安もストレスも増大しますよね。

なので今回は夜勤が辛い理由と解決方法をお伝えしていきますね。

夜勤の辛いこと

夜勤の辛い部分は、大きく分けると『肉体的な辛さ』『精神的な辛さ』の2つになります。

例え好きだったり得意なことを仕事にしていても、この2つの辛さのどちらかがあれば人は辛いと感じがちです。

ではまずは、その2つを細かく見ていきましょう。

①肉体的な辛さ

まず最初に辛いと感じるのは『肉体的な辛さ』です。

なぜなら新卒で夜勤を始めると、生活習慣の変化に身体がついていかないため、身体が疲れやすいのです。

①睡眠不足による疲れ

そして夜勤の勤務時間は、午後の10時から午前5時

おそらく新卒で仕事を始めるまでは、眠っていたはずの時間でしょう。

そのため睡眠時間が変わり、体調にも変化が現れやすいのです。

しかも午後10時から午前2時『睡眠のゴールデンタイム』と呼ばれているほどに大切な睡眠時間になります。

この『睡眠のゴールデンタイム』と呼ばれる時間帯に眠ることができれば、睡眠の質は格段に良くなると言われているほど人は夜に眠る必要性があると言われています。

その理由は、人は夜行性ではないから。

つまり身体の構造上、人は夜に眠り朝に活動を始めるという決まりがあるのです。

つよし
何年夜勤をしていても、この眠たさやしんどさには慣れません・・・

②食生活の変化による疲れ

そして睡眠時間と同じく変化する食生活。

生活リズムが変わると当然、食生活も変わりますよね

夜勤時に備えてなるべく遅くに食事をしたり、休憩中に軽食を摂ったり・・・

お腹を満たすためだけにたくさん食べたり、栄養が偏ったり・・・

健康上良くない食べ方をせざるを得ない場合が多いかもしれません。

すると胃や腸などの消化器官に、とてつもない負担をかけていることになります

胃や腸の消化器官だけでなく、血液や他の臓器も夜になると活動を緩やかにして次の日に備えようとします。

けれども夜勤で働く方は、食生活が変化することで胃腸の調子が悪くなったり吐き気がしたり下痢をしやすい体質になりがちです・・・

そして体調が悪くなると病気のリスクを抱えやすくなるという不安要素が大きくなり、結果『肉体的な辛さ』を感じてしまうのです。

つよし
食べ過ぎも良くないですが、お腹はすきますからね・・・

精神的な辛さ

続いて『精神的な辛さ』についてご説明します。

こちらについては、『肉体的な辛さ』よりも更に辛く感じる方が多いと思います。

それはストレスが大きく関わっており、目に見えないため気づくのが遅くなりがちだからです。

①睡眠不足による辛さ

こちらも『肉体的な辛さ』と同じく、睡眠不足が原因で精神的に辛いと感じることが多いです。

そもそも睡眠の役割は、寝ることによって疲れを取ることだけではありません!

それ以外にも免疫力をアップさせたり精神を安定させるという役割があるのです。

「よく夜勤の人は体調を崩しやすい」と言いますが、それは睡眠不足で免疫力が落ちてしまっているからなのです。

他にも睡眠不足により、うつ病などの心の病気を発症しやすかったり睡眠薬を飲まなければ眠れないほどの睡眠障害で悩む方もいます。

つまり睡眠は『肉体的』にも『精神的』にも、大切な要素を担っているということなのです!

ねむり仙人
睡眠がしっかりとれないとイライラするのも、同じ状態じゃな

②家族や友人との時間が合わない

夜勤をしている方で、このお悩みはとても多いです。

社会人になるとなかなか家族や友人との時間は合わせづらくなりますが、夜勤をしていると更に難しくなります。

同じ夜勤をしている友人ならば時間を合わせやすいかもしれませんが・・・

大抵は日勤で働いている方が多いかもしれませんね。

そのため一緒に出掛けづらくなり、それを辛いと感じる方もいるのです。

特に新卒でも中卒や高卒で夜勤をすることになった方は、遊びたい盛りにあまり遊べないので苦しい思いをする方が少なくなりません。

つよし
誰かと遊びに行くことがストレス発散になっていた方にとっては辛いことですよね

③運動不足からの辛さ

また上記と少し似ていますが、運動が好きだった方もストレスに感じてしまうでしょう。

夜勤明けは、とにかく眠たいという感情に襲われます

そのため、どれだけ身体を動かしたくてもしんどくて動く気になれないのです。

運動するより寝たい・・・

疲れをとるたに、身体を動かしたくない・・・

このような感情になりがちで、どうしても睡眠不足を補うために眠る方が多いです。

しかし身体を動かすことは、ストレス発散にもってこい

つよし
夜勤明けにうまくストレス発散できないことも精神的に辛くなる原因の1つです・・・

夜勤を乗り切るために大切なこと

以上が新卒で夜勤をすると辛く感じる理由です。

ですが上記で述べた通り、夜勤はベテランでも辛いものなのです。

そのために大切なのが、『いかに睡眠をとるか』です。

もちろん食事もとても大切です。

ですがそれ以上に睡眠は大切で、眠れないだけで『肉体的』にも『精神的』にも辛くなります。

夜勤明けだとなかなか眠りにくいのですが、例えばアイマスクをしたり耳栓をして眠りやすい環境づくりが大切になってきます。

他にもヒーリングミュージックをかけてみたり、遮光カーテを取り入れてみるのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。