工場勤務の夜勤は比較的楽なの?キツイの?どうなのか?

工場勤務の夜勤は比較的楽なの?キツイの?どうなのか?

つよし
夜勤をやっている皆様、お疲れさまです!今日は工場勤務の夜勤は比較的楽なのか?キツいのか?調べてみました。
ねむり仙人
工場夜勤のメリット、デメリットじゃな!
つよし
そうですね、工場夜勤だけでは無くて、夜勤のメリット、デメリットのお話しにもなりますね!

工場夜勤という働き方とは?

夜勤の仕事と言っても、働き方は夜勤のみ、交代制で夜勤のパターンがあります。

1.夜勤専業と交代制

工場夜勤で働く場合、夜勤の時間帯のみ、二交代、三交代の勤務、一定期間日勤、夜勤を担うパターンがあります。

雇用形態で見ると、アルバイト、パート、派遣社員、夜勤専業の求人が多く、契約社員や正社員は交代勤務の求人が多いです。夜勤専業のアルバイト・パートは食品工場に多く見られます。

2.工場夜勤で働くメリットは?

工場夜勤のメリット
  • 給料が良い
  • 朝早く起きなくて良い
  • 通勤ラッシュ、渋滞に遭わなくて済む
  • 平日の日中の時間を有効に使える
  • 子育て中働きやすい
  • 給料が良い

22:00~5:00までの賃金は25%割り増しして支払うことが、労働基準法で義務づけられてます。企業によっては、法廷を超えて深夜時間帯の賃金を割り増しで支払っています。

また一日の法廷労働時間の8時間を超えて残業する場合、残業手当は賃金の25%割り増しすることも義務づけられてます。そのため深夜の残業手当は基本給の1.5倍になります。

基本給が時給1,000円の場合、日勤8時~17時(休憩1時間、実働8時間)と夜勤21時~6時(休憩1~2時間、実働8時間)で働く場合の給料の比較をしてみましょう。

日勤の場合、「1,000円×8時間=8,000円」で一日当たり8,000円、一ヶ月22日勤務したケースで給料17万6,000円です。一方、夜勤の場合は「1,000円×2時間+1,000円×1.25%×6時間=9,500円」一ヶ月に22日勤務した場合の給料は20万9,000円になります。よってこのケースの日勤と夜勤の違いは月3万3,000円になりますね。

基本給が高い程、日勤と夜勤で得られる給料に差が生じます。

  • 朝早く起きなくて良い

早起きが苦手な人は、夜勤専業勤務の人は早朝起きなくて住むこともメリットです。企業や工場によって異なりますが、夜勤の出勤時間は夕方16時、17時、深夜は0時、1時といった時間帯から働きます。

  • 通勤ラッシュ、渋滞に遭わなくて済む

夜勤で通勤する場合、電車、バス、道路が渋滞する朝夕のラッシュ時間帯に通勤することが無いので、仕事の行き帰りは楽になります。

  • 平日の日中の時間を有効に使える

夜勤明けは大体平日の朝帰りなので、日中の時間が空きます。病院、銀行、役所、家族が居る方は子供の参観日などの行事にも行くことが出来ますね。通常の仕事の方よりも平日日中が使えるメリットがあります。

  • 子育て中働きやすい

夫婦で働いている方は、子供が小さければ保育園に預けると、保育料がかかります。工場などの夜勤パートなら、配偶者帰宅後の時間帯に働くことで、保育園に預けず働くことが出来ます。

また幼稚園、小学校に通う子供がいる主婦(主夫)にとっても夜勤で働くことで子供との生活を大きく変えずに済むというメリットもありますね。

3.工場夜勤のデメリットは?

工場夜勤のデメリット
  • 家族、友人と予定を合わせにくい
  • 体調を崩すケースがある
  • 家族、友人と予定を合わせにくい
  • 夜勤で働くと家族、友人と生活時間帯が合いにくくなります。夜勤で働くと日中の時間帯は空きますが、一部睡眠時間に充てなければなりません。日中大体の人は仕事、学校に行っている為、夜勤で働くと同居する家族とすれ違いが多くなったり、友達と会う機会がなかなか取れなくなってしまいます。

    • 体調を崩すケースがある

    夜勤や交代勤務の深夜時間帯に働いていると、体調管理が難しくなってきます。

    特に深夜時間帯の身体に慣れるまでは、日中眠りつきにくく、熟睡出来ません。睡眠不足から体調を崩すケースがあります。人間は朝起きて、夜睡眠を取るようになっているので、夜勤により体内時計が狂い自律神経のバランスを崩してしまうケースも見られます。

    つよし
    以上工場夜勤のメリット、デメリットについて調べてみましたが、キツいのか、楽なのか?…うーん…
    ねむり仙人
    まあ、やっぱり夜勤はメリット、デメリットが付きものだからなんとも言えんのう!

    結局工場夜勤って、楽なの?キツいの?

    夜勤は比較的作業が楽、夜勤手当がある為効率良く稼げるメリットもありますが、慣れるまでは体が大変だと言うデメリットがあります。

    生活リズムを整え、少しでも仮眠を取る、休みの日はしっかり睡眠を取るなどしましょう。

    工場夜勤は日勤、二交代、三交代、夜勤専属と様々な働き方がありますが、働く上での優先順位を決めて、自分に合った勤務の時間帯を選ぶことが大切だと言えますね。

    つよし
    結局工場夜勤はキツいのか、楽なのか、何とも言えない話しでしたね。
    ねむり仙人
    結局自分の体質に合った時間帯のもんじゃな!夜勤の皆さん、自分の身体と相談して夜勤を続けて欲しいもんじゃなあ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。